Pocket

イメージ力強化の10ステップのステップ2:立体のイメージングをお話しする前に、イメージ力の強化とイメージ力を強化する効果について、概要をおさらいしよう!

もう、他のステップで見た方は、4.イメージングの進め方 から読んでいただければ結構だ。

 

イメージ力とは

イメージ力というのは、まぶたの裏にまるで見えるように描く能力のこと。

見たことがあるものはもちろん、見たことがないものさえも、イメージ力で見ることが出来る。

 

成功者は、イメージ力が高い!

 

そして、大切なのは、ほとんどの成功者は、イメージ力がものすごく高いことだ。

イメージ力が高いから、イメージどおりのゴールを上げることができるし、イメージどおりの商談を行い成功させる。

イメージ力が高いから、そのイメージどおりのものを作り上げることができる。イメージどおりの協力者を得ることが出来る。

だから、イメージ力の高い人が、成功者になっているのだ。

 

イメージ力を高めることで出来ること

パフォーマンスがあがる

スポーツパフォーマンスの向上

トップアスリートの多くがイメージ力を活用し、競技前にイメージトレーニングをしている。

イメージ力を強化しておくと、事前に、頭の中で、イメージトレーニングをする際、サッカーならゴールした様子、野球なら、ホームランとかヒットとかを打った様子、相撲なら相手を押し出した様子、テニスであれば、パッシングショットの様子、体操であれば、完璧なフィニッシュの様子などを、リアルに、詳細に描くことができるようになる。

そうすると、イメージトレーニングのたびに、体が実際にゴールや、ホームランを打った時と同じ筋肉や、神経の流れを再現し、うまくいくための筋肉の動きを脳も体も覚えこむことになるため、実際のゴールや、ホームランも、その時のイメージのように筋肉が反応し、最高のパフォーマンスを発揮することができるのだ。

 

ビジネスパフォーマンスの向上

ビジネスの世界でも同様で、最近は、ビジネスセミナーでも、イメージトレーニングが人気だが、要領はスポーツと同じで、事前にイメージトレーニングしておくと、その通りのイメージを自然に実行できるようになる。

  • 商談
  • プレゼンテーション
  • 挨拶
  • 面接 などなど

ビジネスの大事なシーンで、事前にイメージトレーニングをしておくことで、その通りに行動出来たら、どれだけの成果を得られるだろうか? しないことに比べ、雲泥の差の成果を得ることは間違いない。

このようにビジネスにおいても、イメージ力を強化することで、イメージトレーニングがうまくいき、それによりあなたはイメージ通りの素晴らしい行動をすることができ、高い成果を得ることができるのだ。

 

対人パフォーマンスの向上

ビジネス以外でも、人との関係性でより良いパフォーマンスができるといいことが多い。

例えば、恋愛においてもそうで、デートに誘うときでも、告白をするときでも、パーフェクトなシチュエーションを設定して、相手がグッとくるようなパフォーマンスをすれば、うまくいく確率はぐっと上がる。

 

このように、スポーツにおいても、ビジネスや対人関係のパフォーマンスにしても、イメージ力を強化することがとても大きな効果をもたらすのである。

こちらに、イメージ力を強化した上で、イメージトレーニングをする場合の成功のポイントをまとめておいたので、実際に試してみたい方は、参考記事を見て実施してみると実感できると思う。

参考記事 イメージトレーニングで成功する!方法の詳細

 

お金も人も情報も引き寄せる

さらに、イメージ力を鍛えると得られるものとして、必要なお金も、人も、情報も引き寄せるという効果がある。

どういうことかというと、イメージ力を強化すると、何をするにしても、成功した時の具体的なイメージが、臨場感をもってはっきりと描くことができるようになる。

 

そうすると、そのイメージは、心理学者ユングが言うところの集合的無意識に、あなたの潜在意識の深いところでつながり、あなたの周波数を上げれば上げるほど、より深い情報にアクセスできるようになり、お金を得るための方法のアイディアが、あなたの頭に閃きとして降りてくる。

さらに、この集合的無意識は、周波数が近い他の人にもつながっていて、あなたの願望を叶えるために、協力してくれる人が実際にあなたに連絡をしてくれたり、偶然のように会ったりするようになるのだ。

その結果、あなたが、イメージ力を強化することで、より引き寄せの力が高まり、お金も人も情報も引き寄せることができるのだ。

 

クリテイティブになる

 

イメージ力を強化することで、集合的無意識にあなたが必要とするものが伝わり、アイディアが閃くようになるとお話ししたが、例えば、素晴らしい曲が閃くようになるとか、美しい絵画が描けるとか、独創的なデザインが思い浮かぶようになるとか、楽しいストーリーが思い浮かぶとか、お笑いのネタが浮かぶようになるとか、数え上げればきりがないほどの効果がイメージ力を強化して、クリエイティブになることで得ることができる。

あなたが、もし、パフォーマンスを上げることに興味がなくても、イメージ力を強化して、クリティテビティを高めることで、あなたが本来持つ才能が開花するかもしれない。

 

結局、世の中の成功者と言われる人たちは、パフォーマンスを高められる人か、クリエイティブな人かである場合が多い。

そして、その中でも、とても大きな成功を得ている人は、例えば、ビル・ゲイツにしても、スティーブ・ジョブズ、ウォーレンバフェットにしてもみんなそうだ。パフォーマンスもいいし、とてもクリエイティブだ。そして、彼らに共通するのは、イマジンする能力、イメージ力がとても高いということだ。

 

それでは、いよいよ、あなたが成功するために必要なイメージ力を強化する方法を具体的にお話ししよう!

 

イメージングの進め方

ここでは、イメージを強化する10ステップのステップ2の立体のイメージ力強化のイメージングナビゲーションの内容をご紹介する。できれば、録音し、スマホなどで再生しながら、イメージングをしていただきたい。

平面のイメージングがある程度できるようになったら、次は、それを立体でやってみよう。基本的には、平面のイメージングと同様に、まずは、立体物をよく観察し、次に、目を閉じて、それを再現する方法だ。

最初は、なかなか立体的に思い描くことはできないが、何度か繰り返すうちに、なんとなく立体に見えるようになってくる。

イメージングの全てにおいて言えることだが、クリアなイメージを見るためには、

以上の3点がとても重要だ。

なかなかイメージができない人は、あきらめずに、もう一度、残像訓練法で、40秒ぐらい残像が見えるように練習して、平面のイメージングを再度、試していただきたい。

現代人には、テレビなど画像情報に接する機会が多くイメージ力がなおざりにされているため、イメージ力を取り戻すのに時間がかかるが、イメージ力というのは、本来、誰でもが生理的に持っている能力なので、練習すれば必ず伸びる能力なので、ぜひ諦めないで続けてほしい。

 

立体のイメージング

 

立体のイメージングも、基本的には、平面のイメージングと同じだ。まずは、記憶想起から始め、ある程度できるようになったら自由想起へと進む。

それでは、具体的にご紹介しよう。

 

記憶想起 手1

最初に、自分の効き手の手のひらを目の前で広げてみましょう。

細かに観察します。輪郭、色つや、関節の様子、爪や、手相まで、完全に見落としがないよう注意深く観察します。

ある程度観察したら、3秒ほど目を閉じて、手のひらの様子を輪郭として再現してみます。これを何回か繰り返してみましょう。~~

手のひらを、照明などの明るいものにかざして、それを見つめると、目を閉じた後残像がみえますので、それを利用して手のひらの輪郭を再現してみましょう。

何度も繰り返すうちに、ぼんやりとした手のひらの輪郭が見えてくるようになります。

 

記憶想起 手2

最初に、自分の効き手の手のひらを目の前で広げてみましょう。

細かに観察します。輪郭、色つや、関節の様子、爪や、手相まで、完全に見落としがないよう注意深く観察します。

ある程度観察したら、3秒ほど目を閉じて、手のひらの様子を輪郭として再現してみます。これを何回か繰り返してみましょう。~~

最初は、手のひらの中でも、5本の指を順番に注目して行いましょう。観察と目を閉じることを繰り返しながら、順番にそれぞれの指の輪郭を意識に刷り込んでゆきましょう。

何度も繰り返すうちに、手のひらの輪郭が徐々に見えてくるようになります。

 

記憶想起 手3

最初に、自分の効き手の手のひらを目の前で広げてみましょう。

細かに観察します。輪郭、色つや、関節の様子、爪や、手相まで、完全に見落としがないよう注意深く観察します。

ある程度観察したら、3秒ほど目を閉じて、手のひらの様子を輪郭として再現してみます。これを何回か繰り返してみましょう。~~

手のひらの輪郭は、それぞれの指ごとに見えてくるようになりましたので、今度は、手のひらのしわそう指紋や関節のしわに意識を向けましょう。観察と目を閉じることを繰り返しながら、手のひらの輪郭の中に手のひらのしわの線を意識に刷り込んでゆきましょう。

何度も繰り返すうちに、指紋や、関節のしわも含めた手のひらの様子が徐々に見えてくるようになります。

 

自由想起 2次元から3次元のイメージング

ふだんあなたが座っているところから見える壁の空きスペースやその他の適当な場所を選び、心の中で、そこに15センチほどの黒い水平線を書いてください。書いたら、実際にそれが壁に描かれているかのようにはっきりとみる努力をしてください。

次に、水平線の両端から同じ方向に向かって、水平線と同じ長さの2本の垂直線を心の中で描いてください。それからもう一本の水平線で垂直線の端と端とをつなぎます。これで正方形になったはずです。

その正方形を完璧に見る努力をしてください。

それができたら、正方形に内接するひとつの円を描きます。そうしたら、円の中心に点をおき、25センチぐらい自分の方に引き寄せてください。正方形をベースにした円錐形が出来上がったはずです。輪郭が黒であることを思い出してください。

 

残像訓練法

  1. 平面のイメージング
  2. 立体のイメージング
  3. 色彩のイメージング
  4. 感覚のイメージング
  5. 運動のイメージング
  6. 人間のイメージング
  7. 循環のイメージング
  8. 組成のイメージング
  9. 宇宙のイメージング 
  10. 創造のイメージング

 

 

△ イメージ力を強化する10ステップ

△ イメージトレーニングで成功する!方法の詳細

▲ 潜在意識を変えて幸せになる方法

Pocket