Pocket

イメージ力強化の10ステップのステップ7:循環のイメージングをお話しする前に、イメージ力の強化とイメージ力を強化する効果について、概要をおさらいしよう!

もう、他のステップで見た方は、4.イメージングの進め方 から読んでいただければ結構だ。

 

イメージ力とは

イメージ力というのは、まぶたの裏にまるで見えるように描く能力のこと。

見たことがあるものはもちろん、見たことがないものさえも、イメージ力で見ることが出来る。

 

成功者は、イメージ力が高い!

 

そして、大切なのは、ほとんどの成功者は、イメージ力がものすごく高いことだ。

イメージ力が高いから、イメージどおりのゴールを上げることができるし、イメージどおりの商談を行い成功させる。

イメージ力が高いから、そのイメージどおりのものを作り上げることができる。イメージどおりの協力者を得ることが出来る。

だから、イメージ力の高い人が、成功者になっているのだ。

 

イメージ力を高めることで出来ること

パフォーマンスがあがる

スポーツパフォーマンスの向上

トップアスリートの多くがイメージ力を活用し、競技前にイメージトレーニングをしている。

イメージ力を強化しておくと、事前に、頭の中で、イメージトレーニングをする際、サッカーならゴールした様子、野球なら、ホームランとかヒットとかを打った様子、相撲なら相手を押し出した様子、テニスであれば、パッシングショットの様子、体操であれば、完璧なフィニッシュの様子などを、リアルに、詳細に描くことができるようになる。

そうすると、イメージトレーニングのたびに、体が実際にゴールや、ホームランを打った時と同じ筋肉や、神経の流れを再現し、うまくいくための筋肉の動きを脳も体も覚えこむことになるため、実際のゴールや、ホームランも、その時のイメージのように筋肉が反応し、最高のパフォーマンスを発揮することができるのだ。

 

ビジネスパフォーマンスの向上

ビジネスの世界でも同様で、最近は、ビジネスセミナーでも、イメージトレーニングが人気だが、要領はスポーツと同じで、事前にイメージトレーニングしておくと、その通りのイメージを自然に実行できるようになる。

  • 商談
  • プレゼンテーション
  • 挨拶
  • 面接 などなど

ビジネスの大事なシーンで、事前にイメージトレーニングをしておくことで、その通りに行動出来たら、どれだけの成果を得られるだろうか? しないことに比べ、雲泥の差の成果を得ることは間違いない。

このようにビジネスにおいても、イメージ力を強化することで、イメージトレーニングがうまくいき、それによりあなたはイメージ通りの素晴らしい行動をすることができ、高い成果を得ることができるのだ。

 

対人パフォーマンスの向上

ビジネス以外でも、人との関係性でより良いパフォーマンスができるといいことが多い。

例えば、恋愛においてもそうで、デートに誘うときでも、告白をするときでも、パーフェクトなシチュエーションを設定して、相手がグッとくるようなパフォーマンスをすれば、うまくいく確率はぐっと上がる。

 

このように、スポーツにおいても、ビジネスや対人関係のパフォーマンスにしても、イメージ力を強化することがとても大きな効果をもたらすのである。

こちらに、イメージ力を強化した上で、イメージトレーニングをする場合の成功のポイントをまとめておいたので、実際に試してみたい方は、参考記事を見て実施してみると実感できると思う。

参考記事 イメージトレーニングで成功する!方法の詳細

 

お金も人も情報も引き寄せる

さらに、イメージ力を鍛えると得られるものとして、必要なお金も、人も、情報も引き寄せるという効果がある。

どういうことかというと、イメージ力を強化すると、何をするにしても、成功した時の具体的なイメージが、臨場感をもってはっきりと描くことができるようになる。

 

そうすると、そのイメージは、心理学者ユングが言うところの集合的無意識に、あなたの潜在意識の深いところでつながり、あなたの周波数を上げれば上げるほど、より深い情報にアクセスできるようになり、お金を得るための方法のアイディアが、あなたの頭に閃きとして降りてくる。

さらに、この集合的無意識は、周波数が近い他の人にもつながっていて、あなたの願望を叶えるために、協力してくれる人が実際にあなたに連絡をしてくれたり、偶然のように会ったりするようになるのだ。

その結果、あなたが、イメージ力を強化することで、より引き寄せの力が高まり、お金も人も情報も引き寄せることができるのだ。

 

クリテイティブになる

 

イメージ力を強化することで、集合的無意識にあなたが必要とするものが伝わり、アイディアが閃くようになるとお話ししたが、例えば、素晴らしい曲が閃くようになるとか、美しい絵画が描けるとか、独創的なデザインが思い浮かぶようになるとか、楽しいストーリーが思い浮かぶとか、お笑いのネタが浮かぶようになるとか、数え上げればきりがないほどの効果がイメージ力を強化して、クリエイティブになることで得ることができる。

あなたが、もし、パフォーマンスを上げることに興味がなくても、イメージ力を強化して、クリティテビティを高めることで、あなたが本来持つ才能が開花するかもしれない。

 

結局、世の中の成功者と言われる人たちは、パフォーマンスを高められる人か、クリエイティブな人かである場合が多い。

そして、その中でも、とても大きな成功を得ている人は、例えば、ビル・ゲイツにしても、スティーブ・ジョブズ、ウォーレンバフェットにしてもみんなそうだ。パフォーマンスもいいし、とてもクリエイティブだ。そして、彼らに共通するのは、イマジンする能力、イメージ力がとても高いということだ。

 

それでは、いよいよ、あなたが成功するために必要なイメージ力を強化する方法を具体的にお話ししよう!

 

イメージングの進め方

ここでは、イメージを強化する10ステップのステップ7の循環のイメージ力強化のイメージングナビゲーションの内容をご紹介する。できれば、録音し、スマホなどで再生しながら、イメージングをしていただきたい。

 

ここまで、ステップ1~6の平面、立体、色彩、感覚、運動、人間のイメージングをやってこられて、願望実現のためのイメージング能力はある程度ついたと考えていい。

  1. 平面のイメージング
  2. 立体のイメージング
  3. 色彩のイメージング
  4. 感覚のイメージング
  5. 運動のイメージング
  6. 人間のイメージング
  7. 循環のイメージング
  8. 組成のイメージング
  9. 宇宙のイメージング 
  10. 創造のイメージング

 

これからの、ステップ7~10は、人類が、カタストロフィ的進化を遂げるため、5感を超えた超感覚( 5WAVE理論 )を得るためのイメージ力向上のステップだ。

参考記事:5感を超える超感覚を鍛える方法 5WAVE理論

 

さらに、これらの能力をたかめることで、マインドインスパイアが推奨する人が明るい未来を獲得するための5つの自然法則を深いところで理解できるようになる。

参考記事:生き方を変える5つの自然法則 

 

 

今回のステップ7 循環のイメージングは、洞察力(5WAVE)を高め、原因と結果の法則(5自然法則)、慣性と循環の法則(5自然法則)の深い理解を得るためのイメージングだ。

このイメージングを繰り返し行うことで、

  • 物事の因果関係
  • 出来あがるプロセス
  • ものともの、人と人との関係性

を瞬時に知る能力(洞察力)が高まる。

例えば、あなたが仕事で人に初めて会い、その人の身なり、仕草、話し方など、その瞬間瞬間に得られる情報により、その人が、どのような理由によりここへきて、社交辞令以外に本当は何を求めていて、その人の背景や、今までの経験や能力、また、その相手が持つ人脈、社内においての立場、決定権限などが、瞬時にわかったらどうだろう?

商談にしても、協力要請にしても、このような瞬時に相手を理解する洞察力をつけるためには、物事の因果、プロセス、関係をイメージングするトレーニングが、とても役に立つ。

さらには、この循環のイメージング能力は、人間関係をよくするために、相手を深く理解することもできるし、好感を持った相手の本当に望むものの理解や、何か起こった場合の現場の瞬時の状況理解、不動産や、新商品、株、経済の状況理解など洞察力が必要なあらゆる場面であなたの有利に働くすばらしい能力を身に着けることになる。

 

 

イメージングの全てにおいて言えることだが、クリアなイメージを見るためには、

以上の3点がとても重要だ。

循環のイメージングには、

メージが比較的楽な桜の木のイメージングと蓋然性もあるバラの木イメージングを用意した、これらの花が、四季を通して変化する様子をイメージングすることで、地上に存在するすべては、現在の状況を含め循環の中にあるという意識がイメージングとともに明確に潜在意識に刻まれていく。

この練習を繰り返すことで、あなたが、出会う人々、植物、動物、数々の建物、コミュニティ、人々の関係などのすべては、それぞれの循環の中にある一瞬の状態であることが心の深いところで理解できるようになる。

そのため、人や物事に対する洞察は、すべて循環を意識に持ちながらみることで、対象を深く理解することになるのだ。これは、ビジネスにおいても、人間関係においても、とても大きな力を発揮する。

 

 

 

循環のイメージング

 

それでは、具体的にご紹介しよう。

桜の木は、一年間で循環する、この様子をイメージングしてみよう!

 

桜の木

桜の木を思い浮かべてください。

冬になると葉はすべて散ってしまい、桜の木はすっかり枯れたような状態になっています。

時には、真っ白な雪が宙を舞い、木々や地面に優しい雪化粧をしています。

薄っすらと雪が積もる地面に立っている木の幹と、葉の無い枝をしばらく観察してください。

そして、深呼吸をしましょう。

 

時が経過し、雪はもうすっかりなくなっています。

桜の木の枝の先を見ると、柔らかで、小さな新芽が芽吹いています。

日が経つにつれ、これらの新芽が成長していく様子を観察しましょう。

ほんの数秒の観察で、1日分の成長を見ることができます。

あなたは成長の様子を早送りで見ることが出来ます。

 

春になると、枝にはたくさんのつぼみがついています。

つぼみは少しずつ膨らみ、桜色の色合いになっていきます。

やがて、いっせいにつぼみが開き、美しい桜色の花々が咲き始めました。

日が進むうちに、どんどん開花が進みます、1分咲き、3分咲き、5分咲き、そして満開になりました。

満開の花からは、微かに甘い香りが漂っています。

しばらく満開の桜が咲き誇る様子を観察しましょう。

 

それから、雨の日があり、風の強い日があり、春風が時折桜の花びらを散らしてゆきます。

風の様子に合わせた桜吹雪をしばらく見ていましょう。

桜は、満開から、少しずつ花びらが落ち、しばらくするとほとんどの花びらがおち、

それと同時に、一気に葉が出始め、桜の木全体をまだ淡い緑の葉っぱが覆っています。

 

桜の木には、梅雨の雨が何度か降り、雨の日を重ねるにつれ、梅雨の切れ間の太陽には力が満ちてきます。

いよいよ、夏になると、桜の木を覆う葉は、青々と茂っています。

 

やがて秋になり、気温が下がると、葉の色が、緑から、黄色が混じり、茶色っぽく変わってゆきます。

やがて、葉は枯れ始め、気がつくと、すべての葉っぱは散って土の上に落ち、桜の木は枯れたようになっています。

土の上に落ちた葉っぱは、だんだん土の色になり、大地と同化してゆきます。

葉が同化した葉のない枯れたような桜の木を見つめてみましょう。

桜の木は、ちょうど1年が過ぎ。雪が再び舞い始めました。

あなたは四季にわたって、この桜の木の循環について学んだのです。

 

 

次に、バラの木が、挿し木からバラの木の循環が始まり、苗木が全滅する危機を超えて、満開に咲くまでのバラの循環をイメージングしてみましょう!

 

バラの木

暑い夏の日に、美しい庭にいる自分をイメージしてください。

あなたは、美しい花々と、その香りに包まれています。

小川が庭を横切って流れ、その上を白い蝶が飛んでいます。

あなたに心配事があるようなら、その小川の水といっしょに流してしまいましょう。

今あなたは一日の疲れをすべて忘れ、素晴らしい解放感に浸っています。

この美しい庭に敷物を広げ、あなたはそのうえでゆったりと寛いでいます。

周囲に満ちている生命の息吹を感じてみてください。

 

すぐそばに、白い花をたくさんつけた立派なバラの茂みがあります。

このバラの循環をみてゆきましょう。

このバラの木は5年前、いったいどこにあったのでしょう? 

過去に戻って、その生命現象を見てみましょう。

 

それは、小さな挿し木から始まりました。

挿し木だった小さなバラの木をイメージしてください。

霜が上がって春が来るまで、庭師は温室の中で、弱弱しい挿し木を大切に育てました。

それから彼は日当たりの良い、肥沃な土壌を選んで小さなバラの木を移植したのです。

雨は若い苗木にとってまさに恵みの雨であり、雨の降らないときは庭師が丹精込めて水を与えました。

あなたには、土壌に水がしみこんでいく様子が見えます。

そして、温かい太陽の光が若い生命をはぐくむ様子も。

十分に手をかけてもらって、苗木はすくすくと成長していきました。

 

長い夏が終わり、秋を迎えました。

少し前まで青々としていた緑の葉も色を失い、風で飛ばされて一枚、また一枚と落ちていきます。

あなたは、枯葉が舞って地面に落ち、風に吹き飛ばされていくのを見ています。

 

冬の気配を感じます。

涼しかった風が今は冷たく、嵐が初雪を呼んだので、一面を真っ白に雪化粧することでしょう。

その後、さらに雪が降り、若いバラの苗木たちは雪に埋もれてしまいました。

大雪が続くと苗木は重みで押しつぶされ、ダメになってしまうこともあります。

厳しい冬には、苗木が全滅し、循環が終わる可能性もあるのです。

しかし、バラの苗木は生き抜きました。

 

待ちに待った春を迎え、新芽を出し始めたのです。

今はもう、小さな花芽も見られます。

その柔らかなつぼみを観察しましょう。

手を伸ばして、トゲに注意しながらつぼみに触れてみましょう。

 

数週間後に、バラの木は満開になりました。

枝は満開の花の重みで、幾分頭を垂れているように見えます。

あなたは、いっぱいに重なり合った花びらに、心を奪われています。

それは本当に見事としか言いようがありません。

あまりにもたくさんの花が咲き誇っているので、あなたは数本切って、友人にプレゼントすることにしました。

 

さて、何年もたって、その後あなたは立派に成長したバラの茂みの前に座っています。

いくつもの季節を経て、強くしっかりと根付いているバラの木。

この木から挿し木をとって、また新しい生命の循環を始めてみましょう。

 

 

現代人には、テレビなど画像情報に接する機会が多くイメージ力がなおざりにされているため、イメージ力を取り戻すのに時間がかかるが、イメージ力というのは、本来、誰でもが生理的に持っている能力なので、練習すれば必ず伸びる能力なので、ぜひ諦めないで続けてほしい。

 

  1. 平面のイメージング
  2. 立体のイメージング
  3. 色彩のイメージング
  4. 感覚のイメージング
  5. 運動のイメージング
  6. 人間のイメージング
  7. 循環のイメージング
  8. 組成のイメージング
  9. 宇宙のイメージング 
  10. 創造のイメージング

 

△ イメージ力を強化する10ステップ

△ イメージトレーニングで成功する!方法の詳細

▲ 潜在意識を変えて幸せになる方法

Pocket