うつ病 無料診断・無料カウンセリング実施中

大人のADHD:自分で出来る治療法

Pocket

大人のADHDの一般的治療法とは

大人になって初めて診断をうけて治療を開始する場合、まわりの人たちの協力を得て行う心理社会的治療と、薬物療法がある。

心理社会的治療

まわりの人の理解と協力を得ること

  • 指示は短く、簡潔に出してもらい忘れないようにする
  • 困ったときには、自分を過信せず家族や友人に相談したり頼んだりする
  • 予定などは共有ボードに書き出して、家族に一声かけてもらえるように依頼する
  • 計算や書類作成など苦手な事は、誰かに相談するようにする
  • 特性を説明し、面倒でも何度も注意してもらえるようにお願いする
  • 作業の締切期日が近くなったら一声かけてもらえるようにお願いする
  • 自分を過信して安請け合いせず、必ず相談してから返事をする

道具を活用し自分の行動を補完する

  • 壁のポスター、テレビの音量など、集中の妨げになる事柄をとりのぞく
  • イライラした時には、一人になれる場所を確保しておく
  • 道具(メモ帳や携帯電話のアラームなどの)をうまく活用する

自分なりのルールを決め実行する

  • 言いたいことは、時間をおいて熟考してから、人に伝える
  • 大失敗したことは、それ以降、「してはいけないこと」ルールに加える
  • 出かける際に必要なものは、置く場所を決めておいて、必ずそこで管理する

 

薬物療法

ADHDでは神経伝達物質であるノルアドレナリンやドパミンが不足して、情報伝達が十分に行えないため、ADHD症状があらわれるといわれている。

現在、大人のADHDの治療薬として承認されている薬剤は、注意欠陥/多動性障害治療剤と中枢神経刺激剤の2つだ。これらの薬剤は、ノルアドレナリンやドパミンの不足を改善し、これにより情報伝達がスムーズに行われるようになり、ADHD症状を改善すると考えられている。

 

大人のADHDの治療法として一般的なものをご説明したが、心理社会的治療については、はっきりと意図を持って実行しないと効果が出ない方法であり、会社勤めをしていらっしゃるADHDの症状のある方にとっては、実行するのが困難な場合が多い。

さらに、薬物療法に関しても、症状の初期のものに関しては、副作用の問題等もあり、できれば、心理的治療で対応したいと考える方が多いのではないだろうか?

そこで、まわりの人たちに迷惑もかけず、ノルアドレナリンやドパミンは、自分でだす、薬は使用しなくてもいい方法をご紹介する。

 

大人のADHD:自分でできる治療法

当サイトでは、潜在意識を変えることで、あらゆる問題に対処でき、幸せになることが可能であるとの信条から、ADHDに関しても、その原因を潜在意識の観点から特定したうえで、対策をご紹介してゆきたい。

基本的には、軽度な症状に関しては、アファメーション手法を、イメージナビゲーションにより、何度も繰り返し聞き、自分も口に出すことで、潜在意識に入れてゆき、自分で、ADHDの症状を緩和してゆくことができるようにする。

ただし、先天的な原因や、今までの経験によるトラウマなどで、アファメーションが、逆効果になる場合に関しては、その内容に関してはメンタルブロックが強く働いている可能性が高いため、ヒーリングなどにより、メンタルブロックを外してから、アファメーションを実施する方法をおすすめする。

さらに、ADHDの症状が強くこれらの方法でも、一定の効果が出ない場合は、エンジェルマスター法や、エンジェマなどを使い、自分自身の行動への意識付けを高めることにより、ADHDの症状をなくし、健常者の行動と変わりないものに変えてゆく。

 

大人のADHDを改善するための症状別自分で出来る方法は?

今回は、大人のADHDに関して、一般的な治療法と、潜在意識を活用した治療法の概要をご説明したが、次回は、20代の男性患者の事例で、患者の方が自分自身で行った治療法を症状別にご紹介していきたい。

当サイトでは、潜在意識を変えることで、あらゆる問題に対処でき、幸せになることが可能であるとの信条から、ADHDに関しても、その原因を潜在意識の観点から特定し、対策をご紹介してゆきたい。

【 参考記事:大人のADHD:症状別の自分で出来る治療法 】

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です