うつ病 無料診断・無料カウンセリング実施中

寝る前3時間は食べないように出来る方法

Pocket

ダイエットの常識、寝る前に食べちゃダメ

よく言われることだが、食べ物を食べてすぐ寝ると、体に蓄積される脂肪は多くなる。

そのため、夕食は寝る3時間前にはすませたほうがいい、言い換えれば、寝る3時間以内は食べない、飲まないようにすることが重要だ。

朝食や昼食は、食事の後にエネルギー源としてどんどん使われるため、ダイエット中でもそれほど神経質に考えなくても問題ないが、寝る前の3時間は、一般にからだを動かさないので気をつけなくてはないけない。

 

知っているけど食べてしまう人はどうすれば???

こんなことは、ダイエットをしている人ならほとんど知っている。

だが、なかなか、寝る前3時間は食べないようにするというのは難しい。

 

このダイエット法の失敗例として、

寝る前3時間は食べなければいいと、勝手な解釈をして、ケーキなど脂肪分の多いものを食べてしまい、3時間起きてようとするが眠くなって寝てしまうなどということをしている人さえいる。

あたり前のことだが、勝手な解釈をせず、ちゃんと行動しなくては、ダイエットに成功という結果は得られない。

わかることは大事だが、もっと大切なのは、行動することなのだ。

 

それも、ストレスなく自然に行動することなのだ。

それでは、どのようにすれば、ストレスなく自然に行動することができるのか?

 

寝る前3時間は食べないように出来る方法

ストレスなく、寝る前3時間、何も食べないようにするためには、

ダイエットしたいというモチベーションをMAXに上げることだ。

 

モチベーションを上げると、

自然に食べる量を減らすようになるし、

自然に体を動かしてみたくなってしまう気分になる。

そのダイエットのモチベーションを上げる方法が、エンジェマ ダイエットだ!!

 

【 参考資料:心理オーディオドラマ エンジェマとは 】

 

エンジェマダイエットとは、

ダイエットのモチベーションを上げて、

なんとなく食べる量が減り、

自然に体を動かしてみたくなってしまう気分にさせてくれる

スマホで聞ける心理オーディオドラマのことだ。

 

これを、聞くだけで、

イメージトレーニングになり

イメージの中で、実際に痩せたんだという達成感を得ることができる

何度かこのドラマを聞いて、達成感を何度も感じていると、

いつのまにか、そうしなきゃいられなくなる自分に気づくことになる

そう、ドラマを繰り返し聴くことで、自分に、自己暗示をかけてしまう

自己暗示をかけてしまえば、本当に自然に、寝る前3時間前なんて、絶対太る時間に何か食べようなんて思わなくなる。

だから、絶対に痩せるのだ!

詳しくは、以下の記事を参考にしてほしい。

【 参考記事:ダイエットのモチベーションはドラマを聞いて上げる!

 

 

 

▲ 潜在意識を変えて幸せになる方法

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です