Pocket

うつ症状を自分で改善する手順

  1. うつ病かどうか自己診断を行う。
  2. うつ病のストレッサーを特定する。
  3. うつ病のマインドセットを特定する。
  4. マインドセットを変えて、うつ病を自分で改善する。

この記事では、いよいよ手順4のうつ病を自分で改善する方法をご紹介します。

この記事をお読みの方は、手順1 うつ病かどうかの自己診断、手順2 ストレッサーの特定、手順3 マインドセットの特定を、実行されていますか?

もし、まだでしたら、手順1、2、3は簡単にできますので、上記のリンクから、手順1、2、3に移動して、

手順を実行されてから、下記をお読みいただければと思います。

 

手順1、2、3を実行した結果、あなたのストレッサーは、人間関係、仕事、不健康、変化の中のどれだったでしょうか。

そして、あなたのうつの原因となっているマインドセットは特定できたでしょうか。

まず、特定された、ストレッサーとマインドセットをメモして、以下の手順4をお読みください。

 

マインドセットのでき方は?

そもそも、マインドセットはどのようにしてできるのでしょうか。

マインドセットは、多くの場合、その人の幼少期の体験によって作られます。

人は、持って生まれた性格や、親の言動の度合いや、取り巻く環境によって、さまざまなマインドセットを作り出します。

まず、幼少期一番身近にいる両親の影響によって作られるマインドセットがあります。

両親のどちらかが、いつも口癖のように、あなたに話していたこと、期待していたこと、強制していたこと、

或いは、両親が正しいと思っていたことや常識などが、幼少期のあなたの意識に自然に刷り込まれ、マインドセットとなるものです。

「正直であれ」「怠けてはいけない」「人の役にたたなくてはならない」etc…

 

さらに、強い感情を伴って形成されるマインドセットがあります。

例えば、幼いころ頑張ってテストで92点をとったのに、親に100点でなければ意味がないと言われて、テスト用紙を目の前で破かれたというような体験をすると、

単なる刷り込みではなく、その親の言動にあなたの感情が大きく揺さぶられて「完璧じゃなきゃいけないんだ」というマインドセットが作られます。

このように強い感情を伴って形成された「完璧じゃなきゃいけないんだ」というマインドセットは、その後のあなたの言動に強く作用し、

変えることが容易ではないものになっていきます。

 

また、もう一つ、親の言動から自分の心を守るために、幼い自分が作り上げたマインドセットがあります。

例えば、先ほどの例のように完璧を求める親から自分自身を守ろうとして作り出されるものに

親に気に入られるため、「何事にも完璧でなければ意味がない」というような極端なマインドセットや、

自分が傷つかないために100点の答案しか親に見せないなど、「相手の気に入る言動をしなくてはならない」といったようなマインドセットがあります。

さらには、完璧でなければ、相手の気に入る言動をしなければと思うあまりに、上手くいかずに疲れ果て、

「自分はどうせ何をやってもうまくいかない」というマインドセットが作られて、自分自身を損なってしまう場合もあります。

 

このように、マインドセットが形式されるには、大きく分けて、3つのパターンがあります。

  1. 影響力のある人(親など)の言動による刷り込み
  2. 影響力のある人(親など)の言動による強い感情を伴う体験によるもの
  3. 影響力のある人(親など)の言動から、自分を守るための対策によるもの

1と3は、強い感情を伴わない場合、思考して作られたマインドセットであり、2は、感情を伴って作られたマインドセットです。

マインドセットが出来た時、強い感情を伴ってできたのか、そうでないのかによって、そのマインドセットの変え方には大きな違いが生じます。

 

うつ症状の原因となるマインドセットを変える手法 ”マインドインスパイア”

不調を引き起こしているマインドセットを特定することが出来れば、

そのマインドセットを、「弱める」か「消す」か、或いは、新しく「上書き」することで、うつ症状を改善することができます。

ここでは、マインドセットを弱めたり、消したり、上書きする手法である ” マインドインスパイア ” をご紹介します。

 

マインドインスパイアによりマインドセットを変えるには

ここでは、マインドセットを変えるにあたって、マインドセットの作られ方によって、以下の2つに分けて扱います。

  1. 思考によるマインドセット(Thought)
  2. 感情によるマインドセット(Emotion)

マインドインスパイアは、この2つのマインドセットを変えることで、その人の言動を変え、幸せになってもらうためのツールです。

具体的なやり方は、スマートフォンで、マインドインスパイアが提供する音声と音響を流し、

ユーザーは、それを聞きながら、音声と音響から浮かぶイメージによって、自分の心の中にあるマインドセットを、

  1. 消し去る・弱める(Eliminate)
  2. 新しいマインドセットを作る/置き換える(Create)

の2つのやり方で、変えていきます。

したがって、マインドインスパイアでは、マインドセットのでき方2つと変え方2つを掛け合わせた、

下記の4つの方法を使い、マインドセットを変えていきます。

  1. 思考によるマインドセットを消し去る・弱める(TE)
  2. 思考によるマインドセットを新たに作る(TC)
  3. 感情によるマインドセットを消し去る・弱める(EE)
  4. 感情によるマインドセットを新たに作る(EC)

うつ症状を改善するためのマインドインスパイアは、下記の6つのマインドセット毎に、上記の4つの方法と

全13ワークあり、全部で、78ワークあります。

  1. 根拠もないのに、将来について非常に否定的・悲観的な予想をしてしまう(悲観的予想)
  2. 自分や周りの状況について、0か100かの決めつけをしてしまう(オールオアナッシング思考)
  3. 何の根拠もないのに最悪の結論になると思い込んでしまう(結論への飛躍)
  4. 物事や自分の否定的な細部に注目し、そのことばかり考えて、他の良い面からは目を背けて見ないようにする(トンネル視野)
  5. 何かよくないことがあると、自分が悪いと思い込んでしまう(自責思考)
  6. あるやり方でやらなければならないと思い込む(ねばならない思考)

こちらで、具体的なワークの内容を、ご紹介しますので、ご覧ください。

【マインドインスパイアで自分でうつ病を改善する!】

 

 

 

うつ症状を自分で改善する手順

  1. うつ病かどうか自己診断を行う。
  2. うつ病のストレッサーを特定する。
  3. うつ病のマインドセットを特定する。
  4. マインドセットを変えて、うつ病を自分で改善する。

この記事では、手順4をご紹介しましたが、手順内容のご不明な点は、上記リンクからご自身でご確認ください。

また、ご不明な点は、下記フォームからご質問ください。一両日でご返答差し上げます。

潜在意識を変えて幸せになる方法=マインド・インスパイアにはまだまだ色々な使いみちがあります。

尚、潜在意識を変えて幸せになる方法=マインド・インスパイアには。

うつ症状の改善以外にも、色々な、効果的な使いみちがあります。

興味のある方は、以下のページをご参考下さい。

悩みが解消されること、請け合いです。

潜在意識を変えて幸せになる方法

Pocket